ぐるなびが14年3月期業績予想を上方修正、業務効率や生産性向上など奏功

 ぐるなび<2440.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高303億円(前期比11.1%増)はそのままに、営業利益を32億円から35億円(同12.3%増)へ、純利益を19億円から20億円(同2.1%増)にそれぞれ上方修正した。営業面での業務効率や生産性の向上で人件費などの抑制が図れていることに加えて、上期において貸倒実績率の低下で貸倒引当金が想定を下回ることなどが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)