日立が4~9月期業績を増額、営業利益1730億円に

 日立製作所<6501.T>は23日、13年4~9月期連結業績予想の上方修正を発表した。売上高は従来予想の4兆4000億円から4兆4700億円(前年同期実績4兆3555億6800万円)に、営業利益は1450億円から1730億円(同1636億400万円)に、最終利益は1150億円から1350億円(同1162億5800万円)に増額した。
 情報通信システム部門やオートモティブシステム部門などが当初見込みを上回り売上高の上積みに寄与したほか、営業利益段階では電力システム部門や社会産業システム部門を中心にすべての部門が会社側想定以上で増額となった。また、営業外損益として、子会社が米国独占禁止法による罰金の支払いで190億円を計上したものの、為替差損益や固定資産損益の改善がそれを吸収し、最終利益も大幅に従来予想を上回る結果となっている。
 なお、14年3月期通期の業績見通しについては、米国、欧州、中国をはじめとする世界経済の動向や為替の推移、原料価格などの変動要因が不透明であることから従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)