【売り】全日本空輸<9202>羽田空港の発着枠増で業績の底上げに期待=フェアトレード平山修司

220円が抵抗線
■注目銘柄
9202 全日本空輸

■注目理由■
定期航空運送事業、不定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯事業を展開。国内線トップ、国際線2位。7月30日に発表した第1四半期決算では売上高358,336百万円(前年同期比4.4%増)、営業利益-5,614百万円、純利益-6,643百万円となった。今年1月より運航を停止しているボーイング787型機は6月1日より定期便での運航を再開したものの、再開までの運行停止や燃油費を中心とした為替の影響で収益が圧迫され、航空事業が赤字に転落した。しかし、同社は現在、関西国際空港を拠点としたLCCのpeach(ピーチ)を手掛け、LCC需要を取り込むことに成功している。また、10月上旬に羽田空港の発着枠が全日本空輸へ大幅に割り当てられたことを好感したこともあり、10月3日には一時、223円まで上昇した。中長期的には業績の伸びに期待しているが、同社の株価は、11月に下落する傾向が見られたことから、短期的には弱気のスタンス。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 34.78 %
勝ち数: 8 回
負け数: 15 回
引き分け数: 1 回
------------------------------