エネクスが小反落、4~9月期最終9割増益観測も利食い優勢

 伊藤忠エネクス<8133.T>が小反落。同社の13年4~9月期の連結純利益が30億円程度と前年同期比9割弱の伸びとなったもようと24日付の日本経済新聞が報じた。猛暑で好採算の電力販売が好調に推移したほか、投資有価証券の売却益も寄与した。ただ、業績好調を織り込みつつ株価はここ急速に戻り足をみせており、材料出尽くし感から利益確定売りを誘う流れとなった。

エネクスの株価は9時24分現在535円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)