神鋼鋼線が底堅い、今3月期通期の営業利益予想増額を評価

 神鋼鋼線工業<5660.T>が底堅い動き。同社は23日、大引け後に今14年3月期予想を修正。通期連結売上高では300億円(前期実績277億1700万円)の当初予想を変更していないが、営業利益では13億1000万円から14億円(前期実績10億9000万円)へ増額修正している。線材の大幅値上げやエネルギー・副資材の高騰によるコスト増が圧迫要因となっているが、徹底したコスト削減や、高付加価値製品の売上高比率アップが貢献している。

神鋼鋼線の株価は10時4分現在196円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)