パナISが後場上げ幅を拡大、9月中間期2割超の大幅増益を好感

 パナソニック インフォメーションシステムズ<4283.T>が後場に入り上げ幅をやや広げてきた。前引け後に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高170億6200万円(前年同期比1.2%増)、経常利益25億2900万円(同24.4%増)と2割を超える大幅増益となったことが好感されている。一般市場の顧客からのクラウドサービスの受注増やパナソニックグループの成長戦略案件のサービスインなどが寄与したとしている。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高360億円(前期比2.3%増)、経常利益44億5000万円(同0.9%増)の従来予想を据え置いている。

パナISの株価は13時22分現在2468円(△53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)