住友商が下げ渋る、マレーシアでマンガン系合金鉄製造販売事業に参画

 住友商事<8053.T>下げ渋っている。23日に南アフリカのアソマン社、台湾のチャイナ・スチールとマレーシアサラワク州のマンガン系合金鉄製造販売事業を行う新会社サクラ・フェロアロイズ(マレーシア)に出資参画したと発表したことが材料視されている。アソマンが南アフリカからマンガン鉱石を供給、チャイナ・スチールがマレーシアでマンガン系合金を年間約3万トン引き受け、住友商が全体の調整し特定地域への販売を行う。14年前半にマンガン系合金鉄製造工場建設に着手、16年に生産開始を予定している。

住友商の株価は13時47分現在1298円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)