ドル円はやや軟調な展開か・・・・

ユーロ上昇がドル売りファクター・・・
 米・9月雇用統計が弱かった事で量的緩和縮小開始観測が後退し、ドルは上値の重さが目立ち始めています。この為、ユーロドルが急伸し、2011年11月以来の高値となる1.38ドル台まで上昇幅を拡大しています。

 一方、中国人民銀行が資金供給オペを見送っている事から、1週間物の銀行間金利が急伸し、中国経済の先行きに対する懸念が強まり、リスク回避の流れを強めて、昨日は豪ドル売りと円買いを強めました。

 本日は、朝方発表された中国の10月HSBC製造業PMIが予想を上回る強目の数字となり、豪ドルが反発した事で、ドル円も比較的底堅い動きとなっています。

 しかし、対ユーロでのドル売りの流れが意識され、ドル円も97円台後半を買い進む事が難しくなっている様です。今の処、個人投資家を中心に、ドル円の200日移動平均線が意識されて、97.30円付近は底堅くなってはいますが、ユーロドルが更に上げ幅を拡大する様であれば、97円割れを試す展開が見られる可能性はあります。