◆24日の米株式市場の概況 NYダウ反発、良好な企業決算相次ぐ

 24日の米株式市場はNYダウが反発し、前日比95.88ドル高の1万5509.21ドルと9月19日以来、約1カ月ぶりの高値水準で引けた。ナスダック総合指数は同21.89ポイント高の3928.96で取引を終了した。主要企業の決算が相次ぐ中、市場予想を上回る増収増益となったスリーエムや、通期業績を上方修正したフォードなどが買われ、米企業の業績は良好との見方が広がり、買いにつながった。また、中国の10月のHSBC製造業購買担当者景気指数(PMI)が市場予想を上回ったことで、中国に対する景気後退懸念が和らいだことも下支え要因となった。出来高概算はニューヨーク市場が7億1592万株、ナスダック市場が19億6200万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)