ステラケミファが続伸、第2四半期の営業利益予想増額を好感

 ステラケミファ<4109.T>が続伸。同社は24日、大引け後に今14年3月期の第2四半期累計(4月~9月)予想を修正。連結売上高では当初予想の146億600万円から139億800万円(前年同期実績142億6000万円)へ下方修正したが、営業利益では3億8800万円から7億1600万円(同17億4800万円)へ増額修正したことが好感されている。リチウムイオン二次電池用電解質の市況低迷が続いているが、経費削減効果やメディカル事業の試験研究費が当初予想を下回ったことなどが利益を押し上げている。同社の電解質は、リチウムイオン二次電池の高性能に欠かせないだけに、市況低迷の影響を受けているものの、今後も拡大基調が期待されよう。

ステラケミファの株価は10時11分現在1719円(△43円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)