日立建機が反発、9月中間期営業益従来予想並みの3割増益と報じられたことを好感

 日立建機<6305.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益が、前年同期比3割増の280億円前後と従来予想並みを確保したようだと報じられており、中国需要の回復の遅れで業績は会社予想を下回るとの見方もあっただけに、観測報道を好感する買いが入っている。記事によると、インフラ投資の回復で中国の建機販売が底入れし、日本も復興需要を背景に好調だったほか、円安も利益を押し上げたという。

日立建機の株価は10時42分現在2196円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)