郵船など海運株が安い、バルチック指数が6日続落

 日本郵船<9101.T>、乾汽船<9113.T>など海運株が総じて軟調。ここ世界景気の回復を背景とした物流需要の活性化期待から、海運市況の改善を買う動きが出ていたが、ここにきて米国の経済指標がいま一つとなっているほか、欧州も金融システム面で不安を抱え、足もとは期待感がやや後退している。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況を指数化したバルチック海運指数はここ下落歩調で、24日は前日比78ポイントの下落で1708まで水準を下げ6日続落となった。これを嫌気する売りが優勢となっている。

郵船の株価は11時26分現在323円(▼3円)
乾汽船三井の株価は11時26分現在401円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)