JR東海が反落、GS証券が投資判断を引き下げ

 JR東海<9022.T>が反落。この日は、ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「買い」から「中立」とし、目標株価を1万4100円から1万3500円に引き下げたことが観測されている。JR東日本<9020.T>の品川駅周辺の再開発とJR東海のリニア中央新幹線の事業価値を株価評価により明確に織り込んだとしており、JR東に関しては投資判断を「中立」から「買い」とし、目標株価を8800円から9700円に引き上げている。

JR東海の株価は12時33分現在1万2320円(▼510円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)