富士重が軟調、4~9月期大幅上方修正にも反応薄

 富士重工業<7270.T>が軟調。同社はきょう13年4~9月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の1兆600億円から1兆1200億円(前年同期比24.7%増)、最終利益を680億円から990億円(同2.5倍)に増額した。外国為替市場で円安が進んだことによるメリットや合理化努力が寄与して大幅な上方修正となった。ただ、株価は増額を織り込んでおり、反応薄。直近25日移動平均線を下回った矢先で調整色が強まっていたが、反転の足掛かりとはならなかった。

富士重の株価は12時43分現在2722円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)