日電産が底堅い、業績増額修正と構造改革の動き評価

 日本電産<6594.T>が底堅い。同社は前週22日に14年3月期の業績見通しの増額を発表、最終利益は535億円から550億円(前年同期比6.9倍)に上方修正したことを好感する買いに上値を伸ばしたが、引き続き好業績を評価する買いが下値を支えている。主力のHDD用モーターは伸び悩んでいるものの、北米自動車販売の好調などを背景に車載モーターが会社側の想定以上の伸びをみせている。HDD分野のリストラに加えて車載・家電・産業用モーターへの軸足シフトで、中期成長力の確保を目指しており、これを評価した海外筋などからの買いを呼び込んでいるもよう。

日本電産の株価は13時37分現在9120円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)