トヨタが軟調、1ドル=96円台の円高で

 トヨタ自動車<7203.T>が反落。外国為替市場でにわかに円が買われる流れとなり、足もとは1ドル=96円台に入るなど円高・ドル安の流れが加速、これをうけて輸出採算の悪化を警戒した売りを誘っている。同社は、今3月期の想定為替レートは対ドルで1ドル=92円に設定しており、現在の為替水準とはまだだいぶ開きがある。ただ、1円の変動により営業利益ベースで約400億円の影響が出るということもあり、一段の円高は11月6日に予定される中間決算を前に下期見通しへの影響などが考慮される場面だ。

トヨタの株価は13時47分現在6220円(▼110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)