日立キャピタルが続伸、今3月期予想の増額を好感

 日立キャピタル<8586.T>が続伸。同社はこの日、午後1時30分に14年3月期の第2四半期累計(4月~9月)決算を発表。連結売上高では当初計画の589億円に対して625億4400万円(前年同期比27.5%増)、営業利益で132億円に対して158億6300万円(同34.0%増)と上振れで着地したことが好感されている。日本事業では、社会インフラ、再生可能エネルギーなどの注力分野が伸長し、グローバル事業が堅調に推移。加えて日本ビジネスリースの連結子会社化も寄与している。
 通期予想も連結売上高で1204億円から1255億円(前期比21.5%増)、営業利益で274億円から310億円(前期比21.0%増)に修正している。

日立キャピタルの株価は13時53分現在2420円(△94円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)