竹内製が急反落、為替の円高懸念が売り誘う

 竹内製作所<6432.T>が大幅反落。同社は売り上げの95%を海外輸出で稼ぐ異色の建機メーカーで、為替動向による収益への影響が大きい。業績は米国向けが牽引、住宅市況改善の恩恵から建機販売が会社側見通しを上回っており今2月期は経常2.2倍の31億円と収益回復色が強いが、足もと1ドル=96円台に入る円高で、輸出採算の悪化に対する懸念が生じている。

竹内製の株価は13時59分現在2175円(▼76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)