テンプHDが上場来高値、調整一巡で2カ月半ぶりの新局面入り

 テンプホールディングス<2181.T>が上伸。株価は一時、前日比130円高の2781円まで買われ、8月6日につけた2727円の上場来高値を2カ月半ぶりに更新した。人材派遣の規制緩和に対する期待感は強く、同社の成長性を評価した買いが流入している。8月27日には公募増資と国内CBの発行によるエクイティファイナンスを発表。1株当たり利益の希薄化懸念から一時、値を下げた。ただ、株価は公募の発行価格2081円を大きく上回る水準に値を上げており、調整一巡からの新局面は鮮明となっている。

テンプHDの株価は14時50分現在2731円(△80円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)