岩崎通の14年3月期、最終利益は特別利益計上で黒字化

 岩崎通信機<6704.T>は25日、13年4~9月期と14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。14年3月期については、売上高が従来予想の256億円から250億円(前期比2.9%増)に、営業損益は収支均衡から2億円の赤字(前期は2億7500万円の赤字)に、最終損益は収支均衡から4億円の黒字(前期比2.8倍)に修正した。企業の設備投資の改善の遅れや円安の影響による輸入貨物の価格上昇などが収益に影響している。なお、最終利益については連結子会社の特別利益計上(福島岩通が「ふくしま産業復興企業立地補助金」の交付申請を行い、6億5500万円の補助金を受給することが確定)に伴い、従来予想を上回る。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)