日無線が14年3月期業績予想を上方修正、ソリューション事業が想定上回る

 日本無線<6751.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1100億円(前期比0.8%増)はそのままに、営業利益を40億円から45億円(同14.8%増)へ、純損益を48億円の赤字から20億円の赤字(前期92億4500万円の黒字)に上方修正した。ソリューション事業における工事進行基準適用案件の進捗が想定より順調に推移したことが要因という。また、希望退職関連費用が当初見込みより減少したことも最終損益の上方修正につながった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)