次世代電力計の普及加速・・・関連銘柄をご紹介

ニュースを半歩先読み術
次世代電力計の普及加速 日本経済新聞 1面

東京電力が3年前倒しして2020年までに全世帯に次世代電力計(スマートメーター)の導入を加速するとの記事です。東電は設備投資をする方なので、直ぐ業績に影響が出そうなのは電力計製造メーカーや、設置工事を行う会社でしょう。簡単に関連銘柄をご紹介いたします。

電力計製造大手

(6644) 大崎電気工業 (東証1部) 582 -12 [売買単位:1,000株]
(6617) 東光高岳ホールディングス (東証1部) 1,792 -8 [売買単位:100株]

電力制御機器大手
(6622) ダイヘン (東証1部) 380 -8 [売買単位:1,000株]

スマートエネルギー関連
(7587) PALTEK (東証JQスタンダード) 453 0 [売買単位:100株]

配電機器
(6643) 戸上電機製作所 (東証2部) 149 -2 [売買単位:1,000株]

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。