日無線が続落、14年3月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感

 日本無線<6751.T>が続落。前週末25日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1100億円(前期比0.8%増)はそのままに、営業利益を40億円から45億円(同14.8%増)へ、純損益を48億円の赤字から20億円の赤字(前期92億4500万円の黒字)に上方修正したが、株価は10月以降高値圏で推移しており、決算発表による材料出尽くし感から売られているようだ。なお、上方修正はソリューション事業における工事進行基準適用案件の進捗が想定より順調に推移したことが要因という。また、希望退職関連費用が当初見込みより減少したことも寄与したとしている。

日無線の株価は9時48分現在371円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)