積水化が反発、9月中間期営業益最高と報じられる

 積水化学工業<4204.T>が反発。26日付の日本経済新聞で、第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益は前年同期比48%増の370億円を超え、第2四半期累計としては4期連続で過去最高益を更新したようだと報じられたことが好感されている。会社予想は330億円。記事によると、消費増税を前に住宅販売が好調で、自動車用部材や携帯端末向けの液晶パネル部材も伸びたとしている。

積水化の株価は9時44分現在1059円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)