米株高や円高一服を受け買い先行

28日の株式相場見通し
 28日の東京株式市場は、前週末の米株式市場で、NYダウ平均株価が約1カ月ぶりの高値をつけたことに加え、外国為替市場で円高・ドル安傾向に歯止めが掛かっていることから、買い先行のスタートとなりそうだ。ただ、依然として上値は重く、上昇幅は限定的となりそうだ。

 前週末25日の米国株式市場は続伸。
NYダウ平均株価は、前日比61ドル高の1万5570ドルとなった。
米9月の耐久財受注額が季節調整済みで前月比3.7%増と、市場予想の同2.3%増を上回ったことなどを好感した。外国為替市場では、1ドル97円50銭台での推移となっている。

 日程面では、マザーズ指数に連動する外国債券「NEXT NOTES東証マザーズETN」の東証への上場、米9月の鉱工業生産・設備稼働率に注目が集まる。