英和が軟調、第2四半期予想を下方修正

 英和<9857.T>が軟調。同社は25日、大引け後に14年3月期第2四半期累計(4~9月)予想を修正。連結売上高で当初計画の134億4000万円から121億3000万円(前年同期実績120億5800万円)へ、営業利益で2億7400万円から1億1000万円(同1億6600万円)へ下方修正したことが嫌気されている。プラント・エンジニアリング、石油化学業界などで設備投資が低調に推移し、主力の工業用計測制御機器が減少している。また、産業機械の販売でも、震災復興需要を含む公共投資に伴う路面清掃車などが好調だったものの、舶用機器市場での落ち込みが大きく影響している。

英和の株価は10時28分現在400円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)