三菱自が3日続伸、約3800億円の優先株処理の報道を好感

 三菱自動車<7211.T>が3日続伸。26日付の日本経済新聞は「主要株主である三菱グループ4社との間で約3800億円の優先株を全額処理することで最終合意した」と報道した。三菱自は来年1月にも公募増資を実施し約2000億円を調達。それを原資に優先株の大半を買い戻し消却し、残りは普通株に転換するという。16年ぶりの普通株の復配に道筋がつき、約10年間にわたる三菱グループの金融支援がほぼ完了することを好感した買いが流入している。

三菱自の株価は10時55分現在1066円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)