三谷商事が高値、洋上風力発電関連として人気化

 三谷商事<8066.T>が続騰、一時前日比267円高の2160円まで買われ年初来高値を更新した。26日付の日本経済新聞で「政府は洋上風力発電に育成策、購入価格1.5倍超に」と報じられたことから、茨城県神栖市で洋上風力発電を展開している同社が恩恵を享受する関連銘柄として人気を集めている。神栖市は東日本大震災の被災地ながら、同社の風力発電は無傷の状態で稼働しており、地震と津波に耐えた洋上風力発電として評価が高い。

三谷商事の株価は11時8分現在2125円(△232円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)