日風開がS高カイ気配、政府が風力発電の育成に乗り出すとの報道を好感

 日本風力開発<2766.T>がストップ高カイ気配。26日付の日本経済新聞で、政府が太陽光に続く再生可能エネルギーの柱として風力発電の育成に乗り出すと報じられたことを手掛かり材料視。記事によると、電力会社に買い取りを義務づけている風力の価格を来年度に引き上げるとしているほか、特に海に風車を置く「洋上風力」向けに高めの専用価格を新設し、陸上風力向けの1.5倍~2倍とする見込みという。現在、再生可能エネルギーについては太陽光発電へと民間投資が集中しているが、太陽光向けの価格は同時に引き下げ、風力にも投資を振り向けることでエネルギー源を多様化するのが狙い。風力発電設備の販売のほか、風力発電開発と売電事業なども手掛ける同社に最も恩恵が大きいとの見方から、買いが殺到しているようだ。

日風開の株価は11時4分現在875円(△150円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)