トクヤマが後場急伸、円安による輸出価格の上昇などが貢献

 トクヤマ<4043.T>が後場急伸。前引け後に、集計中の第2四半期累計(4~9月)の連結業績について、従来予想の売上高1320億円、経常利益40億円から、売上高1350億円(前年同期比7.2%増)、経常利益60億円(前年同期19億8000万円の赤字)になりそうだとの上方修正を発表しており、これを好感した買いが入っている。全社を挙げての一層の費用削減に努めたほか、為替レートが想定より円安に推移したことによる輸出価格の上昇、さらに為替差益の計上などが要因としている。

トクヤマの株価は12時56分現在395円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)