ドル円、膠着状態・・・・

売って駄目なので、買って見たが・・・・
 ドル円は、先週金曜日に、97円丁度割れを試しましたが、同レベルでは、様々な投資家や実需筋からのかなり厚いビッドの存在が報じられ、結局、97円台半ばまで反発しました。

 テクニカル的にも、97円丁度付近にある6月安値からのサポートラインや、200日移動平均線が下値を支える形となり、結果的に下値模索に失敗した形となっています。

 この為、週明け、早朝のオセアニア市場で、いきなり、ストップロス狙いの仕掛け的な買いが入り、97.70円台まで上昇しましたが、その後は、一旦、97.40円台まで押し戻される等、揉み合い継続となっています。

 現在、欧州勢が市場に参入して来つつありますが、今日は、この時間、ユーロ買いもそれ程、強まっておらず、様子見気分が広がっています。今週はFOMC等、重要なイベントも控えている為、海外投資家もやや慎重な姿勢なのかもしれません。

 此処元の外為市場の主役はユーロドルで、ドル円は完全に脇役となっているので、「売って駄目なので、買ってみる」事にしても、なかなか、思う様には行かないかもしれず、膠着状態を脱する材料を模索している状態なのかもしれません。