日本ライフは心腔内除細動システムや外科関連新商品の販売拡大で今3月期の業績を上方修正

 日本ライフライン<7575.T>は28日取引終了後に今14年3月期の業績予想を上方修正した。集計中の第2四半期(4~9月)累計は前回予想の連結売上高114億9600万円を119億2100万円(前年同期比10.2%増)、経常利益2億4500万円を8億2100万円(同3.3倍)へ増額。これを受けて通期は売上高240億7400万円を247億500万円(前期比12.6%増)、経常利益10億8100万円を12億3900万円(同27.1%増)へ引き上げた。第2四半期に心腔内除細動システムや外科関連新商品の販売が拡大、下期についても新商品の販売好調が見込まれている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)