アコムが9月中間期業績見込みを上方修正、貸倒関連費用の減少など貢献

 アコム<8572.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高965億円、営業利益234億円、純利益を上回り、売上高997億円(前年同期比1.9%増)、営業利益312億円(同10.0%増)、純利益286億円(同5.0%増)になりそうだとの上方修正を発表した。営業貸付金残高や期中平均利回りが計画を上回ったことに加えて、貸倒関連費用やオペレーションコストの減少が主な要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)