東亜道が急伸、手持ち工事の進捗順調などで14年3月期業績予想を上方修正

 東亜道路工業<1882.T>が急伸し、4月24日につけた年初来高値546円を6カ月ぶりに一気に更新した。28日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1030億円、経常利益26億5000万円から、売上高1120億円(前期比5.7%増)、経常利益46億円(同7.0%増)に上方修正したことが好感されている。上期において、手持工事の進捗が当初の予想より順調に推移したことに加えて、コスト抑制や業務効率化による収益力向上に努めたことが寄与したという。

東亜道の株価は9時34分現在531円(△52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)