不透明感強く売り先行、前日大幅高の反動も

29日の株式相場見通し
29日の東京株式市場は、きのうの大幅反発した反動もあり、日経平均株価は利益確定売りで反落の展開となりそうだ。
28日の米国株式市場は、3日ぶりに小反落となった。NYダウが前週末比1ドル安の1万5568ドルと小康状態。外国為替市場では1ドル97円60銭台での方向感に乏しい推移となっている。

 日程面では、9月の完全失業率・有効求人倍率、9月の家計調査、9月の商業販売統計速報に注目。
海外では、FOMC(~30日)、米9月の卸売物価指数、米9月の小売売上高、米8月のS&Pケースシラー指数が焦点となる。