日立金属が続伸し年初来高値、14年3月期業績予想の増額修正を好感

 日立金属<5486.T>が続伸。株価は一時、前日比66円高の1314円まで買われ年初来高値を更新した。28日、2014年3月期第2四半期(4~9月)の業績発表と同時に2014年3月期の連結業績の増額修正を明らかにした。売上高は7800億円から7900億円(前期比47.4%増)に見直したほか、純利益は340億円から355億円(同2.7倍)に増額した。特殊鋼など高級金属製品が堅調なほか、自動車鋳物など高機能部品も伸びている。配管機器は、国内住宅着工戸数の伸びにより堅調だ。第2四半期の純利益は前年同期比17.6%増の128億100万円だった。
 この業績発表を受け、SMBC日興証券では28日に投資評価「1」と目標株価1100円を継続した。同証券では、電線材料事業(旧日立電線)の構造改革が加速していることを評価している。

日立金属の株価は11時30分現在1268円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)