<話題の焦点>=NHK大河ドラマ関連 来年は「軍師官兵衛」、関連地元企業に妙味あり!?

 年末が近づくこの時期、兜町の片隅でそっと注目されるのが、翌年の「NHK大河ドラマ関連銘柄」だ。ドラマの舞台になる地域に本拠地を置く企業のなかから、時折出世銘柄が現れることに着目したものだ。暇ネタと笑うなかれ、信じる者は救われる。

 ちなみに今年の大河「八重の桜」では、福島編では福島銀行<8562.T>が急騰、後半の京都編に入ってからは任天堂<7974.T>が巻き返しを見せた。

 さて来年の主人公はというと、あの豊臣秀吉が最も恐れた男と言われる天才軍師・黒田官兵衛。官兵衛は、播磨国(現兵庫県)の姫路城主の長男として生を受け、後に福岡藩祖となったことから、ここでは兵庫県と福岡県に本社を構える企業に注目した。

 まずは兵庫県ではTPP絡みで伊藤ハム<2284.T>、工具・工場用品をネット販売主力に展開するMonotaRO<3064.T>に注目。その他に研究職の人材派遣のWDBホールディングス<2475.T>も時流に乗り面白そうだ。

 福岡県では、石炭株に注目が集まるなか、やはり筆頭は三井松島産業<1518.T>。エネルギー政策の追い風、そして急騰習性を持つだけに注目が怠れない。

 ここで取り上げた銘柄はほんの一部だが、“大河関連”の習性としては、年末から年初にかけて動意することが多く、ここからの押し目は狙いどころかもしれない。軍師官兵衛銘柄、果たして株式市場でも名を馳せることができるか、期待が高まる。

◆主な黒田官兵衛関連

○兵庫県本社企業
六甲バター<2266.T>、伊藤ハム<2284.T>、ドーン<2303.T>、WDBHD<2475.T>、フジッコ<2908.T>
Rフィールド<2910.T>、神栄<3004.T>、神戸物産<3038.T>、モノタロウ<3064.T>、ウィル<3241.T>

○福岡県本社企業
三井松島<1518.T>、西部電工<1937.T>、九電工<1959.T>、鳥越製粉<2009.T>、アイケイケイ<2198.T>
スマトブック<2330.T>、安川情報<2354.T>、ワールドIT<2429.T>、コカウエスト<2579.T>

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)