川重が400円割れ、4~9月期好決算もコンセンサス未達

 川崎重工業<7012.T>が反落、400円台割れとなった。同社がきょう11時に発表した13年4~9月期連結決算では売上高が前年同期比3.4%増の5950億7700万円、営業利益は同2.6倍となる268億4000万円と急回復。しかし、業績好調は織り込み済みで発表数字が市場コンセンサスには届かなかったとの見方から売りが先行している。二輪車がアジア向けに好調なほか、車両事業も受注増勢、9月末には米国での地下鉄車両受注が内定したと報じられるなど収益環境は追い風が強いが、株価も高値圏にあり目先利益確定売りを誘った。

川重の株価は12時37分現在398円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)