JBRが急反騰、除染費用の一部を国が負担と報じられ除染関連として脚光浴びる

 ジャパンベストレスキューシステム<2453.T>が急反騰。きょう付の日本経済新聞で「政府・与党は28日、東京電力福島第一原子力発電所周辺の除染費用を国も一部負担する方向で調整に入った」と報じられており、除染関連株物色の一環として人気が高まったようだ。連結子会社バイノスがセシウムやストロンチウムなどの放射性物質を効率的に取り込む微細藻類「バイノス」を用いた汚染水処理事業を展開しており、テーマとの連動性も強い。国の負担による除染作業の進捗で、ビジネスチャンスが広がるとの期待が強まっているようだ。

JBRの株価は13時20分現在8万4700円(△7600円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)