安藤ハザマが後場プラスに転じる、9月中間期業績見込みを上方修正で

 安藤・間<1719.T>が後場プラスに転じてきた。午後2時ごろに集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高1600億円、経常利益1億円から、売上高1668億円(前期比86.3%増)、経常利益33億円(同17.9%増)に上方修正したことが好感されている。経常利益は96.4%減益予想から一転して2ケタ増益予想となる。手持ち工事が順調に進捗して完成工事高が増加したことに加えて、主に国内土木工事での採算性の向上や一般管理費の削減などが寄与したという。

安藤ハザマの株価は14時13分現在403円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)