今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は97円台半ばで大きな方向感が出ないまま推移しました。この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ考えてみましょう。

10/29(火)
21:30 (米) 9月生産者物価指数
21:30☆(米) 9月小売売上高指数
22:00☆(米) 8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
23:00☆(米) 10月消費者信頼感指数
25:00 (加) ポロズ・カナダ中銀総裁、議会証言
26:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
26:00 (米) 5年債(350億ドル)入札
※☆は特に注目の材料

本日は米国の経済イベントが複数あり、それぞれの結果が注目されます。
ただし、明日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控えている中で大きな方向感を伴うような動きは期待しづらい状況です。経済指標等を確認しつつも、慎重な取引が継続するものと見られます。