ダイワボウHDが9月中間期業績予想を上方修正、法人向けITインフラ流通事業好調で

 ダイワボウホールディングス<3107.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高2480億円、経常利益15億円を上回り、売上高2730億円(前年同期比12.8%増)、経常利益22億円(同41.8%増)になりそうだとの上方修正を発表した。ITインフラ流通事業における法人向け市場で、通信事業者や文教分野向けの受注が増加したほか、旧OS搭載パソコンの買い替え需要などが寄与したという。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)