ダイダンは第2四半期経常増額も純利益は引き下げ

 ダイダン<1980.T>は29日取引終了後に集計中の今14年3月期第2四半期(4~9)累計の業績予想を修正した。前回予想の連結売上高575億円を557億円(前年同期比0.9%減)に減額したが、経常利益は10億円を12億円(同3.1倍)へ増額。純利益は5億円から3億1000万円(前年同期1億1100万円の損失)に引き下げた。工事の進捗が計画に届かず売上げは予想を下回ったが、売上総利益の改善で営業利益は前回予想を維持、受取配当金と為替差益を計上したことで経常利益は予想を上回ったが、有価証券評価損と訴訟損失引当金を計上することで最終利益は予想を下回る。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)