スクロールは特別利益計上で通期最終損益を上方修正

 スクロール<8005.T>が29日取引終了後に発表した今14年3月期第2四半期(4~9月)決算は増収減益ながら期初計画を上回り、通期の最終損益予想を上方修正した。連結売上高は650億円(前期比4.5%増)、経常損益は収支均衡(前期15億1400万円の利益)と前回予想を据え置いたが、最終損益は前回の収支均衡から5億円の利益(前期比92.3%増)へ引き上げた。固定資産売却により特別利益を計上するため。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)