ニッキは14年3月期利益見通しを減額修正、インド子会社の初期費用負担増など響く

 ニッキ<6042.T>は29日の取引終了後、2014年3月期連結業績予想の修正を発表した。売上高は93億円で変わらずだが、営業利益は7億2000万円から4億3000万円(前期比34.7%減)、純利益は7億円から3億3000万円(同63.7%減)に減額修正した。インド子会社の生産開始による初期費用負担の増加などが響くほか、生産拠点見直しによるコスト増も収益の圧迫要因となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)