TACが9月中間期業績見込みを上方修正、公務員講座など好調で

 TAC<4319.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高104億2400万円、経常利益7億7600万円を上回り、売上高111億100万円(前年同期比3.8%減)、経常利益15億5700万円(同3.3倍)になりそうだとの上方修正を発表した。公務員講座が好調に推移したほか、金融・不動産分野の宅建主任者・マンション管理士・FP講座なども堅調で売上高が想定を上回ったことに加えて、外注費などその他諸経費の圧縮もあって利益も上振れしたとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)