MROが今12月期連結業績予想を減額、最終利益22億5300万円に

 MonotaRo<3064.T>は29日、13年12月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の353億3300万円から341億400万円(前期比18.7%増)に、最終利益は24億700万円から22億5300万円(同33.4%増)に減額した。中小製造業を中心とした既存顧客の需要の回復が鈍く、売上高は想定を下回った。また最終利益は、販売費・一般管理費などの削減を図ったものの、販売促進費は将来への布石として積極姿勢を継続したことや、自動車用ブレーキパッド部品の自主回収に伴う特別損失の計上などで下方修正を余儀なくされた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)