FOMC前ですが、今夜は23時のCB消費者信頼感指数に注目!

個人投資家予想レンジ(ドル円)
97.29円(前日終値)~97.69円(一目転換)
現在のレートは97.94円(21:37)です。
ノーサプライズとされているFOMCですが、ドル買いが続きあっというまに97.94円まで
上昇してきました。この急上昇は予想できていなかった投資家が大多数のようですが、
98円近辺では売りも厚いですが、押し目のない上昇なので期待が持てます。
<今夜の経済指標>23時のCB消費者信頼感指数に注目!
■23時00分発表
「米・CB消費者信頼感指数」注目度★★★★
前回:79.7  予想:75.0 前回10分間の変動幅 -7pips 
個人投資家の予想は
53%が買い(円安)
47%が売り(円高)という結果になっています。

前回の発表時のチャートはコチラ!

ドル円が98円が見えたということで、とても面白い展開になっています。

小売売上高は最近伸びが鈍化していますが、予想はポジティブとなっています。
結果は-0.1%(予想 0.0%)と若干悪い結果でしたが、円安方向へ動いていますね。

CB消費者信頼感指数は、調査対象が5,000人とミシガン大学の調査のものより
規模が大きくなっていますので、より消費者マインドを反映している指標です。
今回は予想75.0と5月以前の低下の予想。
この数値を発表前に織り込んでいくのであれば、下値は限定的となりドル円は底堅い展開
となるのではないでしょ うか。

21時45分現在、ドル円は97円96銭近辺で推移しています。
指標発表直前に下落することを気にしていなければなりませんが、今のところ98円突破を
期待している投資家の方が多いようです。