大王紙が大幅3日続伸、9月中間期営業減益予想から改善と報じられる

 大王製紙<3880.T>が大幅3日続伸。きょう付の日本経済新聞で、第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益が前年同期並みの50億円前後になったもようだと報じられたことを材料視。会社予想は44億円(前年同期比13.5%減)。記事によると、ロシアや中国など新興国で紙おむつの販売が伸び、海外売上高が倍増したという。これに対して会社側では、「当社が発表したものではない。第2四半期累計期間の連結業績については、11月11日に発表する予定だ」とのコメントを発表している。

大王紙の株価は9時55分現在728円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)