ジオスターが続急騰、需給相場本格化の様相

 ジオスター<5282.T>が5日続伸、9%を超える上昇で上げ足を強め需給相場の様相を一段と強めている。2027年開業を目指すリニア中央新幹線のトンネル工事に伴い膨大な市場が形成されるとの読みで、トンネル向け部材で高実績を持つ同社株に上値期待が膨らんでいる。また20年の東京五輪開催に対応したインフラ整備の一環として、政府は東京19区を中心に電線地中化を加速させる方針にあり、これも同社に事業機会拡大をもたらす追い風材料となっている。時価は初動時の200円割れ水準から3倍以上に化けているが、実質青空圏を飛翔する展開にあり一段の仕手化も意識される場面だ。

ジオスターの株価は10時現在628円(△58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)